2016年12月10日土曜日

季節感のある写真を集めよう

スライドショーでわりと気にしているのは、季節感です。

春夏秋冬があると、時間経過が表現できるので、
二人の付き合っていた時間が長く感じられます。

例えば、
海で泳いでいる写真と、
スキーをしている写真があったら時間経過を感じませんか?

クリスマスとか紅葉とか、BBQとか、正月とか桜とか。
そういうのが写っている写真は、僕は絶対に使います。
夏服と冬服で、服装が変わっているのも、だいぶ印象が違います。

どの写真を選ぼうか・・・

何百枚の写真を前に迷う人も結構いるかと思います。
「思い出」とか「きれいに写っている」とかいろいろありますが、
「季節感」という基準で意識してみると、選ぶときとても楽になります。

ていうか、飲み会とかレストランの店内写真は多いので、
外で撮った写真はなるべく使ったほうがいいです。

そういう絵変わりする写真を使うと、
観たあとの満足感が違ってきます。



2016年6月10日金曜日

ブライダル音楽著作権代行業者について


一般社団法人のisumという、著作権代行業者ができて、
ブライダルの現場での複製権の問題を
インターネット上の手続きで処理してくれるようになりました。

これは、あくまで事業者側(ブライダル事業者、式場など)のみで、
新郎新婦が個人的に利用することはできません。

ためしに、自分も「アトリエ036」という事業者として加入しました。
登録料はキャンペーンで1万円でした。
音楽がすべて使えるというわけではありませんが、
人気の曲はわりとラインナップされているようです。

一曲につき3000円ぐらいだったかな。

HP上から音楽リクエストを募集しており、
1か月以上前に申請すれば結果が来るようです。

さて、数か月たっての感想ですが、
正直なところ、
・曲をリクエストしても許可がおりないことがけっこうある
・今まで新郎新婦にリクエストされた曲がラインナップにない
・音楽をリクエストしてその結果の連絡がこないので、
 一か月ぐらい経ったらHPに掲載されるのをチェックしなければならない

僕に依頼する新郎新婦さんが、メジャーでない曲を選んでくるので
isumの使用可能楽曲に入ってないことが多いです。
申請しても通らないのは、レコード会社?アーティスト側?が了解してくれないんでしょう。

そういえば西○○ナさんの○リセツがラインナップから外れたと告知があったけど、
あれはレコード会社側からNGがでたのでしょうか。結婚式に使われたくないから??
真相はわかりません。。

せっかく入ったものの、いまだ使ったことがなくて残念です。

もしどうしても自作スライドショーを作りたくて、
音楽著作権で心配な人は、
私に頼めば代わりに許可をもらって、DVDに書き出すことはできます
(ただ手続きが面倒くさいので、通常はやりませんけど)

2016年6月9日木曜日

自作スライドショーの音楽は著作権を違反している?

結婚式で自作スライドショーを流す場合、
BGMに有名アーティストの音楽を使うと著作権を侵害しないかという問題について考えます

これはとても悩ましい問題です。

①「個人の利用だし、お金を取っているわけでもないから大丈夫!」
②「式場がジャスラックと契約していて、流すのは大丈夫!」
③「みんなやってるから、きっと大丈夫!」

と、考えている人がたくさんいると思います。

結論から言うと、
残念ながら著作権を侵害します。

まず、②についてですが、
多くの場合、式場がJASRACと契約しているので、音楽を流すことは問題ないです。
式場はJASRACと年間の包括契約していて、CDを流すことができます。
これを演奏権といいます。
式場で歌を歌うとか、生演奏するとかも式場が演奏権をクリアしているので、
問題がないのです。

ただ音楽の著作権は
演奏権というものの他に、複製権というのがあるからややこしくなります。

複製権とは、CDを複製する権利で、作者やレコード会社が持っています。
個人的に楽しむ範囲内なら、CDを焼き増ししたり、
自作ビデオに音楽をつけてたりすることはできるのですが、

式場で流すことを目的に、自作スライドショーのDVDにするのは、
「私的に利用する」ことから複製権を違反するのです。

なので、①の「個人の利用だし、お金を取っているわけでもない」という理由は通らないのです。
私的利用で複製するのは、本当に例外と思っていたほうが良いでしょう。

同じ考え方で、CDやDVDにコピーしたオリジナルミックストラックもダメです。
式場がCD原盤をその都度、入れ替えて流さないといけないわけです。

たしかに「みんなやっている」から、この問題は根深いのだと思います。
結婚式なんだから、大目に見てくれよ・・と思うかもしれませんが法的にはアウトなんですね。

数年前から厳しくなっていて、
まだ新郎新婦が摘発されたケースは見られませんが、
スライドショーを作っているブライダル映像制作会社が警告を受けたという例があります。
こういう法的トラブルが続くと、
もしかしたら、式場側でも持込みの自作スライドショーを断るケースが出てくるかもしれません。

実際私が制作を依頼された新郎新婦で、、
式場担当者から著作権フリーのDVD以外は一切認めない、と断られたそうです。
そこの式場は格式あるホテルだったので、そういうこともあるんでしょうね。

無音映像と音楽を同時だしという「裏技」をすれば、
法的には問題はないので、
一部の式場はこれをやっていると聞いたことがありますが、
「同時だし」する場合は、タイミング間違えたらやばいし、
2曲以上だとリアルタイムで操作するのは難しいです。

実際同時だしをしているのかどうかも怪しいとこr・・・
なかなか難しい問題です。



2016年1月15日金曜日

出席者の写真について

随分、投稿に間が空いてしまいました。
作業中に気が付いたら、なるべく載せようと思います。

今回は<出席者の写真>の話です。

スライドショーの中で披露宴に出席する方の写真を
並べたいというリクエストがあります。
<感謝>という意味があって、これを入れるとスライドショーが引き締まるので、
僕はなるべく入れるようにしてます。

二人の写真ばっかりだと自己満足で終わってしまいますからね。

それで、けっこう素材として持ち込まれるのが
第三者の結婚式写真です。

社会人になると、なかなか写真を撮ることがないので、
他人の結婚式で撮った写真が多くなってしまうようです。
また、結婚式に呼ばれる間柄の方が、
自分の結婚式に参加してくれるのが多いので、必然的にそうなります。

問題なのが、自分の結婚式スライドショーに他人の結婚式の写真が出ること。

いや、たいした問題はないのですが、
個人的に、ややこしく見えてしまう気がします。
下手をすれば、写真の新郎新婦を自分と勘違いする人もいるかもしれません。
映像編集する際、なるべくこういう勘違い要素は少なくするように努めます。

こういう場合、どうすればいいのか。
大切なのは、<自分の結婚式写真ではない>とすぐにわかるように配慮することです。

具体的には、

①写真をトリミングして、被写体がはっきり大きくわかるようにする
(誰かわかるようにしましょう)

②2枚同時で出す
(関連している写真などと一緒に出すと、勘違いも減ります)

③途中でしれっと出す
(「これは出席者の写真だよ」という流れが視聴者にわかっている状態で出します。一発目に出してはだめです)

④テロップでごまかす
(僕はあまりコメントを書かないのですが、そうい方法もありだと思います)


こんなもんでしょうか。
なるべく親しい友達とは結婚式以外でも撮りましょうね。


2015年4月24日金曜日

コマ撮り用のリモコン

今日はコマ撮り用の道具の話。

近所の特設販売会場で
スマホ(タブレット)用のカメラシャッターリモコンが
500円で売っていたので衝動買いしてしまいました。

本当は白がほしかったけど、赤しかなくて。


















電池はボタン式です。





















早速、iPadに接続。
(説明書を見ると、
 アンドロイドでも認識できるそうです)

bluetoothなのですぐに接続できました。

試してみましたが、普通に撮影できます。
認識も早い。スイッチ押したほぼ同じタイミングでシャッターされます。
5~6mぐらいは余裕でシャッターしてくれました。
遠隔操作している気分に、ちょっと感動しました。

これなら、スマホやタブレットで
コマ撮り撮影できるかも!

コマ撮りで大切なのは
カメラ本体には触れないこと。

シャッター押すとほんの少しですがカメラが揺れるので、
写真がズレてしまうのです。
映像にしてみるとガクガクしてしまい、気持ちが悪いです。
「手持ち撮影」「歩きながら撮影」などの意味がない限りは、
しっかり固定して撮影したほうがいいです。

なので、カメラが揺れないように
必ずPC上でカメラを遠隔操作したり、リモコンを使います。

さて、このリモコン、
ネットでも売っているのかなと思って、
調べてみたらアマゾンで売ってました。

Bluetooth3.2 IOS Androidスマートフォン タブレットPC カメラシャッターリモコンコントロール

送料込みで270円。安すぎる。
口コミでは電池の接続が悪いそうですね。
僕の買ったやつはいまのところ大丈夫ですが・・・。
(買っても自己責任でお願いします)

コマ撮り以外でも、
自画撮りすることがけっこう多いので
ポージングしながら遠くで撮影できて便利です。

壊れたらまたレポートします。。

2015年4月10日金曜日

1枚につき何秒?

一枚の写真につき、何秒ぐらいを目安にしているのか?
たぶん、これはスライドショー作りの永遠のテーマです。

あんまり短いと写真の内容が認識できないし、
逆に長いと、イライラしてしまいます。

僕は3秒前後が多いのですが、
演出上、短くしてテンポアップすることもあるので、
そういうときは2秒とか、1秒とかで切り替わるときもあります。

逆に4~5秒とかじっくり見せるときもあります。
例えば、大事な人とか、決めカットのときなど。

演出によって一枚の秒数は変わると思いますが、
結局は、「写真の情報量による」です。

例えば、
一人が写っている写真と、数人が写っている写真。


















これは後者のほうが、認識するのに時間を使うので、
通常は長めに時間を使います。
また、Aくんをヨリで見せたいなら、
複数(ヒキ)2秒のあとに、Aくん(ヨリ)2秒・・・など組み合わたりもします。
「集合写真はアップにしよう」参照


背景に情報量が多いときは尺を多く使うこともあります。
昔住んでいた家が映っていたり、桜の木で季節がわかったり、
若いころの母親と映っていたり・・・

情報量の多い写真には、
時間を使ってあげるのがセオリーです。


あとは、個人の感覚です。
飽きてくるかな・・・というところでさっと次の写真に切り替えてあげる、
編集は「観ている人の気持ちを考えながら作業する」のが大切です。



2015年4月4日土曜日

アンシャープマスク3~フリーソフト

前回はフォトショップを使用しましたが、
アンシャープマスクできる写真加工ソフトはフリーソフトでもあります。

フリーソフトだとGimpというソフトが有名です。
フォトショップと似たような機能です。
私はあまりいじったことがないんですが、アンシャープマスクはありました。

 フィルタ→強調→アンシャープマスク




















パラメータもフォトショップと同様です。






























比較すると、
こんな感じになります。(※クリックすると拡大します)




















フリーソフトでもこれぐらいのことはできてしまうんですね。

他にも、フリーソフトでは、
FunFunFilterとかVieasなどあるみたいですが、
触ったことがないので何ともいえません。
インストールは自己責任でお願いします。

お勧めは、Photoshop(Photoshop Element)です。
有償ソフトのほうが、やっぱり使いやすいです。
Photoshop Elementなら1万円ぐらいで購入できますし、
スキャナやペンタブにも付属していることもあるので、調べてみましょう。

もうひとつの方法は、
動画編集ソフトのアンシャープマスク機能。
Adobe社のPremireAfterEffectsです。
正直、こちらのほうが
何十枚単位の写真を一気にアンシャープマスクできるので、
圧倒的に早いです。

しかし、残念ながら
初心者にはちょっと敷居が高いです。
修整したい写真をピックアップして、
画像ソフトで一枚一枚アンシャープマスクしましょう。