2018年2月22日木曜日

スライドショーに高画質データをお願いする理由

解像度に関して、けっこう無頓着な人が多いのでメモします。
高画質データを送ってもらえるだけで全然クオリティが変わるんです。
どんな利点があるのか、いくつか挙げてみました。

ズームやパンなどカメラワークできる

パンとかズームとかするには拡大する必要があるので、
ギリギリのサイズだと拡大するとボケた写真になってしまいます。
元のサイズが大きければ、カメラワークの選択肢が増えます。
引きとアップの2カットにすることもできるし、
パンしたり、ズームしたり・・・。
集合写真とか、被写体の位置にズームしないとどこにいるかわからないですからね。

トリミングしても荒れない
素人が撮った写真はそのまま使えることは少ないので、
ある程度トリミングが必要です。
正直、そのまま使える画像のほうが少ないぐらい。
トリミングしたら(拡大するため)画質が落ちます。
低画質だったら、さらにひどくなります。

つまり、高画質のデータなら演出の選択肢が増えるんです。
低画質のデータは、サイズをいじることができずそのまま載せるしか方法はない。

だから、声を大にして言いたい。

高画質の画像を送ってください

では、どのくらいのサイズがいいのか。
テレビのHDサイズは1920×1080ですが
できれば、それぐらいか、それ以上ほしいです。
大きければ大きいほど良いです。

画像を右クリックして「プロパティ」でデータを見てください。
100KB以下のデータだったら、涙目です。

これって、ガラケーで撮影したの?って思ってしまいます。
詳細タブをクリックすると、サイズがわかります。






670×450ありますが、映像で使うにはけっこう厳しいです。

ちょっと脱線しますが、
DVDが720×480(640×480)だからって、
そのサイズの素材で編集すると
スクリーンに映したらボケた画像なのが一目でわかります。
最終書き出しが720×480(640×480)なので、
素材はもっと画質がよくないと拡大やトリミングなどに耐えられないです。

さて、話は戻りますが、
上記のプロパティにはdpiと書かれています。
これはdot per inchの略で、これが解像度です。
たいてい写真をスキャンするときは300dpiぐらいで取り込みます。
dpiを比べてもこの画像の画質が低いことがわかります。

では、高画質データはどれくらいか。
こちらの画像のプロパティを見てましょう















こちらは、写真をスキャンしたものをフォトショップで切り抜きました。

3.48MBとファイルサイズがぜんぜん違いますね!
大きさも2013×1392です。

サイズやdpiはよくわからないと思うので、
とりあえず目安は1MB以上のファイル。
それ以下だと、ちょっと怪しいと思ってください。

WEB画像と映像用の画像は全然違う

WEB画像は、100KB以下の低画質でも全然大丈夫なんです。
でも、それを映像で使うのはかなり厳しい。
わりとネットの画像を保存して、使ってほしいという人もいるけど
ネットの画像は圧縮されているからかなりデータが小さいです。


画像処理には限界がある

画像処理で何とかなりませんかと尋ねる方がいますが、
ある程度はできますが、できないものはできないです。
30kbぐらいのデータをいくら補正しようとしても、
元がスカスカなので補正しようがないです。

スクリーンショットでトリミングしてはダメ!

アナログ写真をスキャンした画像をなぜか、低画質で送る方がときどきいます。
スキャンしたものは、たいてい高画質です(設定を低画質にしていなければ)。
おそらく、その後に別のアプリなどで低画質化してしまった可能性があります。
実際あった例ですが、複数枚の写真をスキャンしたpdfを、
画像一枚一枚分けるために、winのスナップショットを使ってトリミングされていました。
スナップショットはディスプレイ画面をスクリーンショットしているので、
低画質になってしまいます。

スキャンしたpdfは、
フォトショップやGIMP、Macだったらプレビューなどの画像処理ソフトを使って
切り抜き>別名で保存 することで一枚一枚保存する必要があります。

ですが、素人の方が画像処理ソフトの使い方なんてわからないと思います。
一部のスキャナは、マルチスキャンという機能があって、
スキャンの段階で写真をバラバラに分けてくれる機能があります。
(キャノンだったかな)

もしくは、複数枚をスキャンしたpdfを、
べつのテキストにそれぞれの写真についてメモ書きして、
業者に切り抜きを任せたほうがいいでしょう。

ちなみに複数スキャンするときは、
時系列順に並べたほうが業者もわかりやすいかと思います。

今後はガラケー画像が課題

最近ではデジタル画像の提出が主流ですが、
幼少期の写真はアナログがまだまだ多いです。
アナログはスキャンすれば大丈夫。
一番問題なのは、ガラケーで撮った写真。これは本当に使いづらい。
しばらくは、ガラケー世代の画像がちょいちょい出てきますね。
(ちょうど学生時代ガラケーだっていう人けっこう多い)

まあ、あれこれ言ってももう遅いんですけどね(苦笑)







2018年2月20日火曜日

音楽は好きなものだけで選んじゃダメ

おひさしぶりです。
忘れないように、ちょっとメモ。

スライドショーの選曲の話です。

結論から言うと、
好きな曲だけで選ぶとうまくいかないケースがかなりあります。
いままでどんな曲でもOKと言って受注していましたが、今後はやめようかと。
まあ好きな曲で作れたら一番いいんですけどね。
色々な理由があるんですが、今まで悩んだことをいくつかあげてみます。

「2番のない曲が難しい」
1番→2番のある曲だと、新郎と新婦でまとめることができるのですが、
そうでないと、不自然なところで新婦の写真が始まってしまうので、
けっこうやりづらいです。同じ理由で、変な構成の曲はやりづらいですね。

「1分半という壁」
だいたい1分半ぐらいで1番が終わることが多い。
写真1枚3~4秒だとしても、22~30枚ぐらいです。
この枚数でもきれいにつながないと慌ただしくなります。
映っている人が出席するから・・・という理由で
けっこうたくさん提出されることがあるけど、入らないですorz
それよりも自分の写真にしましょう。

「間奏をどうするか」
やたら長い間奏があると、結構悩みます。
逆に、腕の見せ所的な場所なので、ここを遊ぶといい感じになる。
写真がたくさんあれば、新郎新婦で2画面で並べるのもよいですね。

「新郎新婦で写真枚数が違う」
これ、けっこうあるあるです。
なので、曲の後半は新婦(新郎)ばかりの写真にしてしまうという方法も
現実的にはありなのではないかと思います。バレないようにしれっと。

こういう面倒なことがあるので、
結婚式スライドショー向きの曲というのはあると思います。
いくら好きな曲でも、合わないものは合わない。無理なものは無理。
Mr.Childrenのサインとか、定番の人気曲があるのもその理由の一つだと思います。

あ、あと、
短い曲を使って3曲(新郎、新婦、二人)にまとめるというのもありだと思います。
これなら、曲の長さに厳密に合わせる負担が減ります。
もう一つ、曲の途中でフェードアウトでうまく消せば、それほど気にならないし、
そのほうが流れを変えられてよいこともあります。

以前、兄の結婚式でつないだBlue -The giftは、
結婚式スライドショーにぴったりでした。つないでいて気持ちよかった。
おすすめ。ご依頼の人は全て、この曲にしたいぐらいw

1番、2番おわったあと、
いい感じに新郎新婦のそれぞれの社会人の写真を交互には挟めて
盛り上がるところで、(出会った後の)新郎新婦の二人の写真に入り、
後半の静かな部分で、家族の写真出せたり‥としっとりした感じになり、
最後の最後で、2人の現在の写真で終わる‥とドラマチックな演出にできます。
しかも、曲のタイミングに合わせると、
自然と1~2秒の短く写真を刻める箇所があって
飽きないで見られるんですよ。(ずっと同じタイミングだと飽きる)

曲を選ぶときは、以上のことを気にしてみてください。
業者さんにお願いするときも、1曲で渡すのはやめて
2,3曲候補をあげて、どれがいいか聞くほうがよいかもしれませんね。
どちらも手間が省けるはずなので。








2017年9月1日金曜日

スライドショーは写真だけ見せれば装飾はいらないと思うんだけど

自分のスライドショーに対する信条は以下の通り。

・写真をしっかりと見せる
・テロップはあまり入れない

自主制作や業者のスライドショーを見ると
いろいろ凝っているんですが
装飾が多すぎて一番大切な写真が見づらいと思います。

できるだけ写真を動かさないで静止してじっくりみせてほしい。
(もしくはゆっくりズーム)

装飾にこだわって写真が小さいと
もっとアップしてあげて表情を見せてあげたいと思ってしまうんです。

テロップも同様。
そっちに意識がいってしまい、写真に集中できないんです
3秒とか短い尺だとテロップ読んでいたら次の写真に行ってしまう。
それに、業者のテンプレートに合わせて
無理やり付けたテロップは、なくても全然大丈夫だったりするんです。

余談ですが、素人が考えたテロップって読みづらい。
テロップって書き方がちょっと違うんですよ。
それはいつか説明しますが、
テロップのせいで台無しになることもあるんで気を付けてください。

いろいろ手の込んだスライドショーを見ると、
もっと写真を丁寧に見せてあげて!って思ってしまうことがたびたびあります。

本来ならば、

写真のつながりを意識したり、音楽のタイミングに合わせるだけで
背景や装飾なしでもしっかり見せられるはずです
トランジションもディゾルブだけで十分
カメラワークもゆっくりズームだけ

だけど、それだと飽きてしまうんじゃないか?

業者としてはテンプレートとして販売しづらいし
テロップも無理に入れないと不安になってしまうんでしょうね
作っている感じを出さないと・・という恐怖感

それって言い訳で、
しっかりと写真のつながりと、音楽のタイミングに合わせれば
十分見せられるはずなんですよ
上手くできないのは写真をきちんと選んで、並べていないからだと思います

例えるならば、料理に近いかも。
スライドショーは、
シンプルな味付けで素材を生かした料理でよいと思います。

さて、自分もスライドショーのテンプレートを作成しているので
この問題にぶつかって、ちょっと困っています
おそらく私に頼むのなら、イラストを入れてほしいと依頼人は思っているはず。
だけど、個人的にはスライドショーに
あまりたくさんイラストや装飾を入れたくないんです。

例えば、こんなのを今考えているんですけど
これでもキャラクターが写真の邪魔をしていると思ってしまうんです
(ちょっと神経質かもしれないけど??)










こっちは背景が真っ黒ですが、
写真に目が行くでしょう










まあ、好みによりますね。
あと使う音楽次第でかなり印象が違います

明るい曲だったら
イラストやキャラクターがあると楽しくなると思います
しっとりとした曲だったらあまり余計な要素入らないかも

以前、兄のために作ったものは背景がまっ黒でしたけど、
司会者の方に「今まで観た中で一番よいスライドショーでした」
と褒められました。

これはお世辞でしょうが、
その人、プロの司会者だからいくつも見ているはずなので、
その言葉は率直にうれしかったです。

まとめ。
写真に集中できないような邪魔な装飾はやめて、
もっと写真を大事にしてあげる。












2017年8月26日土曜日

スライドショーのご依頼について

キャラクターを組み合わせたスライドショーを
低予算でできないかなあとずっと思っていて、
それがやっと形になりそうです

近々HPに告知しようと思いますが、
10万円以下で作れるものを目指します




まだ、制作中ですけどこんな感じとか考えています。

時々、低予算で作ってほしいというメールが来るのですが
スケジュールや予算の問題で断っていました

youtubeの動画を見てご連絡くださった方には申し訳ないのですが、
さすがに10万円以下のお仕事を2週間かけて制作する厳しいです
フリーランスなので3~4日ぐらいで作成できないと、
生活ができないのが本音です。下世話な話ですみませんorz

自分が手掛けるムービーはテンプレにしづらいため、
今までそういう要望には応えられませんでした

だけど、

スライドショーにキャラクタを配置する方法ならできるかもしれない

スライドショーは今まで非公式では受けていましたが、
形がそのたびに変わっていたので、非常に作るのが大変でした

もう少し、効率よく作れるように
いま、いろいろと準備をしている段階です。

すでに何件か依頼が来ているので、それに合わせて
「結婚式スライドショー by アトリエ036」を公式に始めたいと思います

こういう(結婚式のような)機会じゃないと、
自分をアニメーションキャラにしようと思いませんもんね

よく見られるテンプレのスライドショーではなくて、
お二人にとって特別なものにしたいです

まだ始まったばかりでいろいろと決めることが多いのですが
新しいことを始めるのは楽しいです♪


2017年8月19日土曜日

アフターエフェクトとプレミアについて

アドビのアフターエフェクトとプレミア、
どちらも動画編集ソフトだけど何が違う?って思う人もいるかも。

自分も大学の授業で教えるとき、
それぞれ得意分野が違うって教えています。

プレミア
・映画やドラマ、テレビの編集で使われる。
・動画などの素材を横に並べる感覚。
・長い尺の映像を作るのが得意。陸上で言えば、長距離ランナー。

アフターエフェクト
・ミュージックビデオやアニメーション、CGを作るのに使われる
・動画だけでなく、写真やイラストなどの素材を縦に並べる感覚。
 上から色々エフェクトを付け足していく・・という感じ。
・短い尺の映像を作るのが得意。陸上で言えば、短距離ランナー。

初心者はAEを扱うのはけっこう難しいですが、
プレミアはわりと簡単にできると思います。
学生に教えていてもAEが苦手な人がけっこうプレミア好きになってくれてる

私の感覚だと、プレミアの成長はかなりめまぐるしくて
テレビ業界でも標準化してます。
しかも、アフターエフェクトを使わなくても
プレミアでけっこうできてしまうことが増えています。
自分も最近はプレミアの仕事が多いです。
プレミアでテロップや色調整してます。
簡単なエフェクトだったらプレミアで入れていますね。
なんとなく、AdobeもAEよりもプレミアに力を入れている印象・・。

動画編集を始めるならプレミアが良いかなって思います。
初心者だったら
premiere element とphotoshop elementのセットで十分でしょう。
フォトショで画像編集もできるし。

ちなみに私が使っているのはAdobeCCのコンプリートプランで
アフターエフェクトやプレミア、フォトショ、イラレすべて使えます。
仕事で使う人はぜひこれを購入したほうが良いですね。
私はデジハリからこのプランを購入しています。

http://online.dhw.co.jp/course/adobe/

通常は1年6万円かかるんですが、デジハリ経由だと3万円で済むんです。
なんとこれ、商用でも使えるんです。個人で仕事をされている方もぜひ。
気をつけなければならないのは、
1年に一度再購入しなおさないといけないこと。
その手間を差し引いても、こんなに安くなるならこっちのほうがいいですね。



2016年12月10日土曜日

季節感のある写真を集めよう

スライドショーでわりと気にしているのは、季節感です。

春夏秋冬があると、時間経過が表現できるので、
二人の付き合っていた時間が長く感じられます。

例えば、
海で泳いでいる写真と、
スキーをしている写真があったら時間経過を感じませんか?

クリスマスとか紅葉とか、BBQとか、正月とか桜とか。
そういうのが写っている写真は、僕は絶対に使います。
夏服と冬服で、服装が変わっているのも、だいぶ印象が違います。

どの写真を選ぼうか・・・

何百枚の写真を前に迷う人も結構いるかと思います。
「思い出」とか「きれいに写っている」とかいろいろありますが、
「季節感」という基準で意識してみると、選ぶときとても楽になります。

ていうか、飲み会とかレストランの店内写真は多いので、
外で撮った写真はなるべく使ったほうがいいです。

そういう絵変わりする写真を使うと、
観たあとの満足感が違ってきます。



2016年6月10日金曜日

ブライダル音楽著作権代行業者について


一般社団法人のisumという、著作権代行業者ができて、
ブライダルの現場での複製権の問題を
インターネット上の手続きで処理してくれるようになりました。

これは、あくまで事業者側(ブライダル事業者、式場など)のみで、
新郎新婦が個人的に利用することはできません。

ためしに、自分も「アトリエ036」という事業者として加入しました。
登録料はキャンペーンで1万円でした。
音楽がすべて使えるというわけではありませんが、
人気の曲はわりとラインナップされているようです。

一曲につき3000円ぐらいだったかな。

HP上から音楽リクエストを募集しており、
1か月以上前に申請すれば結果が来るようです。

さて、数か月たっての感想ですが、
正直なところ、
・曲をリクエストしても許可がおりないことがけっこうある
・今まで新郎新婦にリクエストされた曲がラインナップにない
・音楽をリクエストしてその結果の連絡がこないので、
 一か月ぐらい経ったらHPに掲載されるのをチェックしなければならない

僕に依頼する新郎新婦さんが、メジャーでない曲を選んでくるので
isumの使用可能楽曲に入ってないことが多いです。
申請しても通らないのは、レコード会社?アーティスト側?が了解してくれないんでしょう。

そういえば西○○ナさんの○リセツがラインナップから外れたと告知があったけど、
あれはレコード会社側からNGがでたのでしょうか。結婚式に使われたくないから??
真相はわかりません。。

せっかく入ったものの、いまだ使ったことがなくて残念です。

もしどうしても自作スライドショーを作りたくて、
音楽著作権で心配な人は、
私に頼めば代わりに許可をもらって、DVDに書き出すことはできます
(ただ手続きが面倒くさいので、通常はやりませんけど)